◆プロテクションフィルムについての情報が満載

このサイトではプロテクションフィルムに関する情報を紹介しています。
そもそもどういった効果があるものなのか、何に使うのかも知らない人が多いかもしれません。
しかし使用環境次第では、その恩恵を大きく受けられる可能性があります。
特に新車を購入した直後や購入を検討している人は知っておくべきです。
ひとまず対応できる種類や定番の製品など基本的な内容だけを把握しておいて、自身に必要かどうかを考えてみると良いでしょう。

車のプロテクションフィルムの効果

車のプロテクションフィルムの効果 プロテクションフィルムは基本的に車の表面に薄い膜を取り付け、飛び石が当たるなどで傷が付いてしまうのを防ぐ効果があります。
ダメージの大きさや製品の質にも左右されますが、駐車場で隣のドアがぶつかってしまうほどのダメージからでも守れることがあります、また鳥の糞や雨などの汚れが本体に付着するのも防げるという側面も持ちます。
必要に応じて一部分だけを保護する使い方も可能なので、細かなニーズにも対応できます。
プロテクションフィルムを使用するときれいな状態を維持しやすくなるため、愛車を保護する目的で貼り付ける場合が多いです。
またその他にも頻繁に乗り換える人が、買い替え時に売却する際の額を下げさせないことも目的にできます。

車の保管時でも活躍するプロテクションフィルムの魅力

車の保管時でも活躍するプロテクションフィルムの魅力 自動車のボディは、常に外で晒された状態にあるのは言うまでもなく、運転をし続ければし続けるほどキズや凹みが付きやすくなるのは言うまでもないです。
例えば走行中に飛び石が当たることも多く、他にも雹が降りつけたりすれば凹みの原因に繋がったり、砂や埃などでも摩耗してキズになることもあります。
プロテクションフィルムの優れた点は、こうした飛び石・雹・砂埃などからボディやフロントウインドウを保護することができる点です。
その特徴は外的な衝撃を吸収し分散することができ、しかも摩耗にも耐えることができるフィルムになります。
なおプロテクションフィルム以外には、従来まではボディの艶出しに優れたガラスコーティングが存在しますが、それとは違ったコンセプトで開発され、伸縮性や透明度もあります。
しかも3D曲面であっても施工を行いやすいメリットも存在するので、確実的にボディをキズや凹みなどから保護することができるフィルムです。
愛車を保管する上でも、駐車場所によってはいたずらでキズを付けられたり、荒らされてしまったりする場合があります。
そういったシーンでもウインドウごと保護をすることができるので、防犯にも最適であるのもプロテクションフィルムのメリットです。

もっとプロテクションフィルムを知りたい

プロテクションフィルムについて

新着情報

◎2020/11/27

コーティング済みでも対応可能
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

プロテクションフィルムの目的
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

フィルムと言えばXPEL
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 対応」
に関連するツイート
Twitter