◆コーティング済みでも対応可能

コーティング済みでも対応可能

コーティング済みでも対応可能 愛車を長く綺麗な状態に保つために、近年では一般的な方が購入し、自分で綺麗に施せる数々の道具類が販売されています。ガラスコーティング剤の他にもラッピングシートに分類できるものもあり、どちらも愛車のボディを保護するという意味では非常に効果的です。
新車で購入された方はディーラーにてコーティングを行っている方もいますが、更にガードをする方法にはプロテクションフィルムの施工があります。ラッピングシートと同じ素材を採用している一方で、プロテクションフィルムの場合は透明度が非常に高く、施工した部分に対しては輝きが増すというメリットもあります。
この作業はボディにコート剤を用いている場合でもその上から貼り付けをすることは全く問題としないので、DIYでは難しいと感じる方はプロテクションフィルムを得意分野にしている専門店に持ち込んで貼り付けを行ってもらう方法で、気泡などが入らず、曲面部分も問題とせずに完璧な仕上がりを約束するので非常に安心です。

プロテクションフィルムは塗装を守り特にフロントへの施工は最適です

プロテクションフィルムは塗装を守り特にフロントへの施工は最適です 透明素材を使ったプロテクションフィルムがあり、一般的に市販されているラッピングシートの透明版として利用することができます。わざわざ施工する必要性は、自動車の場合飛び石や空気中の異物により、フロント部分は小傷が付きやすい環境です。バンパーは樹脂製ですが、ボンネットは金属で作られているので傷が出来てしまうと錆の原因になる可能性も否定できません。
そこで、いつまでも綺麗な塗装を保護するためにプロテクションフィルムを施工する方が増加をしています。新車であれば洗車後に水分を拭き取れば直ぐに作業可能ですが、既に中古車で利用してきた車体に対しては、ボンネットを中心として水垢取りクリーナーや液体状のコンパウンドを用いて傷をできるだけ落としておき、その上に施工する方法で美しい輝きを実現することができます。
プロテクションフィルムにおいては、熱で伸縮するシートになるので曲面でも綺麗に施工できることがメリットです。フロントのボンネットとバンパーも両方ともそれぞれ1枚張りの技術で施工可能なので、継ぎ目が見えてしまうことなく塗装を傷めずに貼り付けできます。

新着情報

◎2021/1/28

バイクの燃料タンクに貼る
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

コーティング済みでも対応可能
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

プロテクションフィルムの目的
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

フィルムと言えばXPEL
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 施工」
に関連するツイート
Twitter